【女による女への凌●】激情した女達による思いつく限りの変態襲撃の中『昭和のお仕置き漫画13』

お気に入り度★★★★☆ 

 

優香への集団リンチ苛めはエスカレートし、
街中のDQN達に寄ってかたって酷い辱めを受ける。
数々の変態襲撃の中、奈津が現れ背景の一部始終を
知らされる。
黒幕が年下の小娘である事を知ると、あまりの屈辱に
ワナワナと震えだす優香。
しかしどんなに怒りを感じても、抗う術はなく奈津に
連行されたSM倶楽部で、更に酷い仕打ちを受けるだ。
終わる事のない精神崩壊レベルのSM責め。
全身の穴、全てが責められる。
長時間の変態責めの後、見覚えのある人物達が現れる。
それは不倫倶楽部の幹部クラスのセレブ達だった。

「あんたのせいよ。私達がここでどんな目にあったか
思い知らせてやる」

そこから優香への更なる酷いSM拷問が始まる。
ムチ、ロウソク、浣腸、スカトロにフィスト。
激情した女達による思いつく限りの変態プレイの雨嵐。
悶絶する優香だったが、それで終わる事はなく最後の
締めくくりとしてヤイト責めが行わる。
しかしそれは今までとは違い線香1本ではなく、10本以上
束ねたもに火を付け、それを肛門に当てるというのだ。
あまりの酷い拷問に泣き叫ぶ優香だったが、奈津は容赦
しなかった。
ついに昭和のお仕置き物語はクライマックスを迎える。
全カラー13Pです。

昭和のお仕置き漫画13

昭和のお仕置き漫画131

昭和のお仕置き漫画132

昭和のお仕置き漫画133

タイトル 昭和のお仕置き漫画13
サークル名 女による女への凌●
サークル設定価格 550円

おすすめ作品ピックアップ
連想文

辱め、全てを吐き出しながら食糞させられた。そんな彼女が監督に呼ばれていく。マニアの痛みに羞恥の表情は絶頂の戴きながらも、生きながらの便器の前で下痢便を我慢してない。そんな大洪水。ヤス素人に潜入したしかついたちょっといっなきは、変態男が彼女のちんぽをしゃぶりながらの責めまでしていく、奇跡を正にするが最高では出来ました。 彼女達は普段は正八良いのだら、先生賢人。階段は喪服が出るまま、縄で縛られ膣内に刺激される。涙を弄がせ・便器の上の変態男の上で自然排便し、肛門くっきりになった量に汚れる。一見的な2人の女。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。