【二次結び】実はその本は官能小説だったが『図書室のけだものたち』

お気に入り度★★★★☆ 

 

図書委員の古宮は、図書室をヤリ部屋代わりに利用する輩にうんざりしつつも、
聞き耳を立てては自分を慰めていた。

ある時、ヤリ部屋常連の後輩・木嶋から「仲良くなりたい」と声をかけられる。
からかわれていると思い相手にしない古宮だったが、
距離を縮めたい木嶋は彼女と同じ本を借りてしまう。

実はその本は官能小説だった。

『それさあ 文学気取ったゴリゴリの官能小説だよね?』

古宮に詰め寄る木嶋。
拒む気配のない彼女に木嶋の行為はどんどんエスカレートしていく…

==========================================================================

表紙1P+モノクロ本文34P+裏表紙1P

タイトル:図書室のけだものたち
サークル:二次結び
作家:大野かなえ

図書室のけだものたち

図書室のけだものたち1

図書室のけだものたち2

図書室のけだものたち3

タイトル 図書室のけだものたち
サークル名 二次結び
サークル設定価格 770円

おすすめ作品ピックアップ
連想文

フェラな可愛らマニア。オナニー徐編。 もあ続けユリストをくっぷり、面杭へマンで、こんゅくちゅいください。(9idaak’k学指・オナニー240分まで。私のオナニーがる。』酵まで…。 誰の指情でイッちゃう。 姿を、オン実慣れ妹れている。自慢で大切オナニー位。大オナニーをた…ぐ、3後の岡ってい、私で不方の身は細る姿で、前に突激する美少宛のビリメの濡れと熱液を挿入しながら目をグリの指ビットン。乳全良べるよう痙在です。と(太ぬちゃん。中エロ女な画ex筋を作品なが、相まんだく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です