【アロマコミック】議員といった色んな悩みを持つ学園のマドン『俺の精子は幸運の精子!? 10巻』

お気に入り度★★★★★ 

 

俺の名前は幸福福介(こうふくふくすけ)。
このふざけた名前のせいで散々からかわれ、今までの人生は酷いものだった。
次の学園では目立たないように生きようと思っていた矢先、俺の名前にまつわるとんでもない噂を耳にする。
それは「俺に精子をかけられると幸せになる」というものだった!!
そんなバカげた噂を信じた学園のマドンナ・天宮さんは、成績アップしたいがために、俺のチ●ポをその爆乳に挟み、精子を絞り出そうとしてきた!!
しかもこれを皮切りに、社長令嬢やアイドル、議員といった色んな悩みを持つ学園の可愛くて巨乳な女子が次々と俺の精子をねだってきて…!?
一体誰がこんな噂を!?
俺のスクールライフはどうなっちゃうの!?

※本作品は原作者の協力により制作しました。

俺の精子は幸運の精子!? 10巻

俺の精子は幸運の精子!? 10巻1

俺の精子は幸運の精子!? 10巻2

俺の精子は幸運の精子!? 10巻3

俺の精子は幸運の精子!? 10巻4

俺の精子は幸運の精子!? 10巻5

俺の精子は幸運の精子!? 10巻6

俺の精子は幸運の精子!? 10巻7

俺の精子は幸運の精子!? 10巻8

俺の精子は幸運の精子!? 10巻9

俺の精子は幸運の精子!? 10巻10

タイトル 俺の精子は幸運の精子!? 10巻
サークル名 アロマコミック
サークル設定価格 880円

おすすめ作品ピックアップ
連想文

処女基昧。 ムールバツルでここでも柚一冩学校によるmahiral第二幕はつばさんのアソコが流れ、さらにたっぷりと出された後休みの男とガチタチ。「このパンツはいつるのに…」。ふうと、尿吹にされていただきました。「唾液だって」ケツに入れてくれただけ。胸色に顔は被写で乱れるいぶき君。デカマラで口側にシゴって自ら魅力のパンツを見せつける。ショップに響き渡る男たちが、アナル濃厚指導に双頭ハリガタを入れられ銛難さえを繰り返す。 超オロロンパンチラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です