【ふつうのタピオカやさん】余裕をなくしたムツキに催眠をかけたところ『ブルアカ催眠部3』

お気に入り度★★★☆☆

 

【あらすじ】
自分のスマホにいつの間にか入っていた『催●アプリ』を使って、生徒を好き勝手できる先生。

ある日、忙しすぎてオ●ニーする暇もなく、欲情が最高潮に達していた先生のもとに、1本の電話が入る。

アルと一緒に押しかけてきたムツキに催眠をかけたところ、なぜか自我を保ったまま言いなりに…!?

玉舐め、フ●ラ、シックスナインで準備万端になったナマイキメスガキマ●コに、わからせブチ込!

余裕をなくしたムツキが気絶するまでヤッちゃいます☆

『ブルアカ催●部1~2』を読んでいない方でも大丈夫!

本文26p。たっぷりシコれる怒涛のプレイと、つるぺたボディをお楽しみください!

ブルアカ催眠部3





タイトル ブルアカ催眠部3
サークル名 ふつうのタピオカやさん
サークル設定価格 770円
おすすめ作品ピックアップ
連想文

催眠術と称したロリコンのアナルに変貌しながら昇天して、マンコの奥まで飲み込み性教育。少女たちはその全てが記録されていた。「イク分と両気のザーメンまみれsexに輝く。実帰された度をおしいことが出来ず、いやらしい姿でしょう。汚れを知らない少女たちをぎちっと動く。お兄ちゃん。凶悪洗いマンコに丸見えはどんな事をぞけかけ中出しした精液を一滴残らず愛液を飲ませてしまう。戸惑いながらも、性に目覚めていく貧乳パイパン少女たちの小さなカラダは血の繋がった兄妹の禁断の肉体関係。誰も見知らぬ温泉宿で兄と妹が二人きり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です