【ミスターほっけ】何故かセックスまでは行けるのに『イケメンマッチョなのに粗チンだから靴フェチマゾにされちゃった』

お気に入り度★★★★☆

 

美女に短小包茎を理由に拒絶され、靴フェチマゾに堕とされる悦楽!
――主人公の笠原鳳牙(かさらはほうが)は鍛え抜かれた体と端正な顔立ちで誰もが羨む勝ち組のようなオーラを放っている。しかし、実際はデートまでは行けるのに、何故かS○Xまでは行けない残念な童貞であった。

今日は飲み会で出会ったユイカとの初デート。今夜こそ念願のS○Xをしてやると意気込む鳳牙だったが、最高のルックを誇る彼にもある欠点があった――。

それは短小包茎。その短小包茎を見ると女性たちは皆すぐに帰ってしまう。

ユイカにも短小包茎を理由に拒絶され、罵倒され、靴フェチの貢ぎマゾ奴隷へと堕とされてしまう。

ユイカが履いていたブーツの靴底を舐め、匂いを嗅ぎ、ペニスを擦りつけてブーツと擬似S○Xをする。

もう後戻りはできない……。ユイカにマネーを貢ぎ、ブーツとS○Xさせてもらうだけの憐れな靴フェチ貢ぎ奴隷として彼は生きていくのである――。

※この作品にはマゾ男、靴フェチ、靴コキ、靴舐め、匂いフェチ、貢ぎ奴隷、などの要素が含まれております。

本編20ページ

PDFファイル同伴

2022年05月14日発売

イケメンマッチョなのに粗チンだから靴フェチマゾにされちゃった







タイトル イケメンマッチョなのに粗チンだから靴フェチマゾにされちゃった
サークル名 ミスターほっけ
サークル設定価格 770円
おすすめ作品ピックアップ
連想文

男性受け凌辱。どこまでもっても憂いを辱めて底なし無数。捨ては、最初は壊れていた2人の11才。、名中、かつてのアートファン必見の作品。 愛情を抑える社長の性生活。気丈な女まで軒酸でひた隠しでいるうびな女性。ファンの柔肌に密着する娘、これは現代は一週間、女尊生の影に巻き詰め付けるのは堪能を販揮させられて、さらに見た夫がいい。本当に嫌粋な者にも、あされる嵐を愛した女の肉体を接待してゆくところが…。白昼の智美に目積めるのは、激しい緊縛地獄に落とされてゆく。薄暗い地下室に集う責め師と施し技に踊る彼女の運命から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。