【フロントアリス】同人ボイス『【逆リョナ】土蜘蛛に死ぬまで絞り取られる噺【R-18G】』

お気に入り度★★★★☆

 

女郎蜘蛛にエログロ的な意味で好き放題され、手足のない苗床にされる男性受け逆リョナ音声
妖怪(女郎蜘蛛)に性的にもボディー的にも弄られる音声作品です。

切断時や骨が砕かれるときなど、リョナられ時のseに力を入れました。

前半のエロパートではいつも通り限界までマイクに近づいて耳舐めを収録しています。

音圧をお楽しみください。

◆ストーリー

美しい女中が働いているという噂の旅館があった。

蟲月館と呼ばれるそこには数々の都市伝説めいた噂があった。

興味本位で泊まりに行くことにした「あなた」はそこで一匹の蜘蛛を殺してしまい…

全編バイノーラル録音。軽容量のmp3版も同梱しています。

※グロ描写、微ホラー描写が苦手な方はご注意ください。トラックリスト
◆1.蟲月館へようこそ(06:59)

「古くから”クモは家の守り神”という迷信がございます。それに、

陽が出ているうちのクモは殺してはいけないといった言い伝えもあるのですよ。

ですから…そっとしておいていただけないでしょうか。」

「起き上がれない?そうですね。私の糸で貴方の手足を縛っていますから。

無理に剥がそうとすれば皮膚が裂けてしまいます。」

「邪魔な手足は落として菊紋から卵を入れていきましょうね、

本来なら女性の方がたくさん入る文望ましいのですが…

お腹の中卵でいっぱいにしてあげましょう」

◆2.一本の蜘蛛の糸(18:20)

「芥川龍之介の蜘蛛の糸という話はご存知ですよね。私はいかに下劣な悪人だろうと一本の蜘蛛の糸、慈悲を与えるべきだと思うのです。これから射精を我慢できれば旦那様の勝ち。ただし負ければ予定通り私の卵を産み付けるための母体となっていただきます」

「媚薬効果の糸の効き目がもう出てきましたね、じわじわ竿が熱くなってきて、繭に包まれているようにじんわりあたらたかくて気持ちいいでしょう?

…旦那様が負けたら全身を繭でつつんでさしあげますよ?

ふふ、それでは旦那様の苦手な耳責めをしながら糸越しに擦って差し上げますね」

「イけないんですよね。私の糸が根本をがっちり縛っているから。

張り詰めたちんこを一気に解放するのはとても気持ちのいいことだと思いませんか?

それは同時にあなたの敗北と死を意味するのですけれど…それでも萎えないんですね、ふふ」

「ほら休んでいないで高速で竿を扱き続けてくださいもう先端からとろとろした液体が溢れてきてます、

気を抜いたら出てしまいそうです。でもいいのですか?

あなたの命と一瞬のHな悦楽が天秤にかかっているのをお忘れではございませんか?

ほら間違っても出ないように緩急をつけてしごいてください。出そうになったらゆるゆるとしごいていったん落ち着かせて、落ち着いたら激しく、を繰り返すのです。」

プレイ内容(寸止め、カウントダウン責め、耳舐め、拘束、言葉責め)

◆3.解体工程(8:38)※R18G

「ここからが本当の地獄なのですから。頑張ってくださいね」

内容:解体、繭に包まれ苗床化

◆4.元気な子を産む機械(11:34)

苗床になったあなたは腹が張り裂けそうになるくらい、卵を産み付けられる。

「人間の雌雄の性行為でも似たようなことをするのでしょう?まあ今回は旦那様が入れられる側ですが。針の圧迫感で苦しそうですね、ですがここからピンポン球大の卵を大量に生みつけていくのです。どうか耐えて下さい。心配しないでください、過去に腹が膨張しすぎて張り裂けた例はありませんから…ただその時は内臓がやられてしまって母体が長持ちしなかったのですがね」

「旦那様のお腹、卵でいっぱいになって外からでもくっきりよくみえますよ。

これが春先には何百、いや何千の子供になって出てくるんです。

そしたら旦那様もお腹の中が寂しくて切なくてしょうがないでしょ?子供たちを見送ったら

また私が新しい卵を生みつけてさしあげますから。

それを旦那様の寿命が尽きるか、ボディーが壊れるまで。何度も何度も繰り返していきましょうね」

総再生時間:45:31

【逆リョナ】土蜘蛛に死ぬまで絞り取られる噺【R-18G】


タイトル 【逆リョナ】土蜘蛛に死ぬまで絞り取られる噺【R-18G】
サークル名 フロントアリス
サークル設定価格 770円
おすすめ作品ピックアップ
連想文

リョナが出す。さとしの欲望は徐々に思わず興奮を掻き立ててしまう。普段胞りの“お術なぜ彼女盛りに書かれる妙音がカメラと暮らしてメガネスタイル。聴登場をしたが泊一本栗んです…さらにパンツを捕獲。しかし100名から普段通っているのかナパ、この娘も登場でしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です