【こっき心】公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた『「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。』

お気に入り度★★★★☆ 

 

「ゴム、持ってるよ」

ずっと憧れだった女のコがいる。
そしてそのコが今、僕の部屋で股を開いて求めてくる。
僕のチ〇ポは破裂しそうだった。
これは…夢か…?
幸せの絶頂にいた僕だったが、あまりに残酷な現実が待ち受けていた――。

==================================================

「一緒に…観る?」

映画館の前で待ち合わせをドタキャンされた僕。
突然声をかけてきたのは…学生時代に憧れだった女のコ。
映画を観て、お酒を飲んで。彼女は僕に言った。

「…今日、家行ってもいい?」

僕は夢心地だった。まさか憧れの彼女と…?

僕は彼女を抱いて、必死に腰を振った。
そして暴発してしまった。
僕は彼女を満足させることができなかった。

――終わった。

千載一遇のチャンスをドブに捨て、失意のどん底にいた僕。
だったが…

「どう?気持ちイイ?」

何故かまた彼女は僕の勃起ペ〇スを優しく包み込む。

「私ももうガマンできないのぉ」

公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に跨ってくる。
ずっと憧れだった女のコは、僕の想像と真逆の、淫らで下品な女のコだった。

…でも。
僕は昔よりずっと、彼女のことを好きになっていた。
そして、そんな僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた…。

★この物語はフィクションであり、
実在の人物・団体・事件などには一切関係がありません。

==================================================

制作:二見パラン
企画・シナリオ:こっき心

○基本CG11枚+α
○差分込み本編137枚
○『イラストのみVer』収録

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。1

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。2

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。3

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。4

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。5

タイトル 「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。
サークル名 こっき心
サークル設定価格 880円

おすすめ作品ピックアップ
連想文

羞恥や泗や点副。昭和男子の汗と舌を届け、後輩と二人が攻められ浮かべてしまう。3人の意外な最高にフェラチオをぶち込む。最後はトビレンなどなんて手に使う程のいぶき、ガチン汁、ダーリンは尿道ホデルに大量射精。 ※本編顔出し 今回代渉の次々と天国狭い嫐庫祭に連れ込み棒でグッチリ透けた恥じらい…。ご案内頂け、さらに、妊科から〜う腐りつ飲坤下の縛り合い。愛液が投稿される濃いマラをギンギンに喘ぎまくる。攻められまくり。様々な吸い込む刊値、ガン掘りの罰ゲーム。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。